ミュゼのVIO脱毛!効果と回数

ミュゼのVIOは人気プラン

ミュゼのVIO脱毛に通う場合、自分では見えない場所であるため、どのくらいの期間や回数通えば良いのか、気になるところです。ミュゼのVIO施術は、ほかのサロンと、どのくらい違うのでしょうか?

 

次に脱毛したいと思っている箇所がこのVIOですが、まだ私は、VIO脱毛していません

 

友人が、VIO脱毛している最中なので話を聞いてきましたので、宜しければ参考に^^

 

ミュゼの「ハイジニーナ7コース」

ミュゼの「ハイジニーナ7コース」

 

Vライン、トライアングル上、トライアングル下、Iライン、ヒップ奥、へそ下の7か所のデリケートゾーンをまとめて脱毛するコースとなります。

 

 

面白い料金設定をしていて

  • 平日の12時〜夜の18時までの時間・曜日限定施術なら4回60,000円です。
  • 時間・曜日限定なく自由に受ける場合は、4回72,000円となります。

その差、12,000円です。

 

 

これが「ミュゼパスポート」アプリを利用すると、

  • レギュラープラン(時間・曜日限定なし)36,000円
  • ディプラン(時間・曜日限定有り)30,000円

 

つまり、半額で脱毛できます!

 

デリケートゾーンをまとめてお得に脱毛できるプランって少ない。
そのせいか、ミュゼのハイジニーナは人気があります。

 

ひょっとしたらワキ脱毛より人気があるかもしれません。

 

他にもミュゼの脱毛には様々な特典があります。

 

このプランにはさらに両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コースが付いてきます。
何回でも通うことでのできるプランですから、かなりお得でしょう。

 

ミュゼは、他社にはない特典は多いですのでチェックしてみてください。

 

ミュゼの天王寺ミオ店に通っている友人は、このハイジニーナコースのまっただ中!です。

 

最初は、めちゃ恥ずかしかった!と言っていましたが、ようは慣れでしょうね。

 

VよりOの方が格好が恥ずかしいらしいのですが、なんとも思わなくなったって言ってました。
(Oライン・・想像しただけでわたしは、恥ずかしいかも・・・)

 

今、友人は3回目を終えたとこです。残りは1回のみ。
一度、都合でキャンセルしたため予定より遅れての完了になりそうだとか。

 

 

ミュゼはこちら

 

 

VIO脱毛して何が変わったか

 

VIO脱毛

なんといっても生理時の蒸れや不快感でしょう。

 

夏場の不快さといったら気持ち悪いくらいですから、これが解放されるのはホント嬉しい事だと想像がつきます。

 

ただ、やはり痛みはあるようですよ。
ワキも、多少は痛みはありますが、それ以上らしいです。

 

とは言え、我慢できないほどの痛みではないとのこと。

 

さすがにVIOはデリケートな部分であり毛も太くて濃い部位ですから、
無痛というわけにはいかないということですね。

 

しかし、痛みに関しては出力を弱めるなどの対応で軽減できます。
その分、時間もかかりますが、痛みに弱い人はそちらをおすすめします。

 

VIOの脱毛効果は?何回?

 

 

VIO脱毛をする場合、満足するために一般的なサロンでは12回〜20回程度は必要なようです。

 

まして、脱毛エステでつるつるにしたいのなら30回を目安にしないと難しいと思います。
なので、ミュゼのハイジニーナコース4回だと非力のような気もしますね。

 

しかし、完全脱毛したいのなら回数は要りますが、つるつるを目指していないのであれば、ある程度満足できるレベルには仕上がると思いますよ。

 

ですが、個人的にはもう少し回数を増やさないと難しいのではと言うのが正直なとこでしょうか。

 

その上、VIOは毛周期がVとI、Oでは異なります。
そう考えると、ミュゼの4回では回数は足りません。

 

特に個人差が強く出る部位ですので、予め脱毛し放題プランを選んでおいた方が無難ですが、ミュゼのハイジニーナは4回ですのでその後は追加していくことになります。

 

ただ、Vライン脱毛は無制限で脱毛できるので、軽く整える程度の減毛でOKなら損なプランではありません。

 

1回ごとの施術も非常に丁寧で、施術後にはしっかりクールダウンして、保湿ローションでトリートメントしていくので、肌トラブルの心配はさほど要りません。一番気になるIラインも粘膜ぎりぎりまで脱毛してくれます。

 

こうしたデリケートな部分だからこそ、安心、安全なサロンで、確実な施術を受けたいものですね。

 

VIOの毛周期は長いのが特徴

 

髪の毛や腕、足などの体毛は通常3〜4か月で生えかわると言われています。
デリケートなVIOラインの毛周期はどうなのでしょうか?

 

通常Vラインと呼ばれる、ビキニラインは体毛と同じく3〜4か月程度の毛周期ですが、Iライン(性器周辺)、Oライン(肛門周辺)の毛周期は体毛より長く、1年〜1年半と言われています。

 

体毛は一度に全部が生えてくるわけではありません。

 

特にVIOラインの体毛は毛穴の中で休んでいる状態、いわゆる休止期の時期も同様に1〜1年半程度あると言われています。

 

私たち人間の全身の体毛の約30%は、皮膚の上にある状態で、残りは、休止期の状態であると言われています。

 

この休止期の状態では、毛根自体が存在しない、または毛根自体が成長していないため、レーザーを当てても処理ができない状態なのです。

 

そのため、一度目に見えている範囲の毛を脱毛しても、しばらくするとまた毛が生えてくることがほとんどで、脱毛しても効果が見られないと感じることも少なくありません。

 

どの部位にも言えますが、脱毛処理をする場合は一回ですべてを終わらせることはできず、回数やある程度の期間が必要とされるのは、こうした毛周期に合わせ、毛の成長具合を見て除毛する必要があるのです。

 

VIOラインの場合、この毛周期に合わせて、2〜3か月ごとに施術を行い、毛量が少なくなると感覚を開けて、10回程度行うことで、毛が生えにくくなり、効果が見られるようになります。

 

天王寺ミオ店に通っている友人は、全身脱毛プランに通っています。

 

VIOはあくまでもおまけ程度に考えているようですので、彼女の場合問題ありませんが全身ツルすべ脱毛を検討しているのでしたら、ミュゼはおすすめできません。

 

キャンペーンで安く脱毛できますが、肝心の無制限プランは全身脱毛プランにはありません。
VIOも同様です。

 

ですからミュゼは部分に特化したプラン以外は、残念ながらお得とは言えないので、満足いくまで脱毛したい人はよく検討してくださいね。

 

管理人はワキ脱毛を受けています。
ミュゼワキ脱毛 体験談

 

通っている店舗は、ミュゼ梅田店です。

 

Vラインの自己処理で最適な方法は?

 

VIO脱毛についてお伝えしてきましたが、ここではVラインの自己処理についてお伝えしていきます。

 

Vラインは、デリケートな部分だけあって、自分で処理をする人、全くしない人もいるようですが、大半の人は一度くらいは自分で処理したことがあると思います。

 

水着になる時や彼とのデートなど、必要なときだけ処理をするという人も少なくありません。
それほど、馴染みのある部位ですよね。

 

処理する人の中で圧倒的に多いのは、カミソリで処理をする方法です。

 

しかし、毎回沿っているとチクチクしたり、黒ずんだり、カミソリ負けするだけでなく、毛が濃くなったり、濃い毛が生えている部分が広がったりして、トラブルも少なくありません。

 

色素沈着の原因にもなります。

 

面倒ということもあるかもしれませんが、皮膚を傷めないように考えているという声もありました。

 

Vラインの自己処理は様々な脱毛方法があり、どれも一長一短ではありますが、肌に負担をかけず、手軽にできる最適な方法をご紹介します。

 

それは、面積を狭くして、長さを短くするということです。

 

自己処理の方法でも、カミソリで面積を狭くして、はさみでカットする人も少なくありませんでしたが、毛は切り口がななめになっているとどうしても濃く見えてしまいます。

 

カミソリと同じく、はさみでカットした場合もチクチクしてくるのは、切り口がななめになって、鋭くなっているからです。

 

カミソリではなく、電気シェーバーを使って、まず毛の生えている面積を狭くして整えましょう。

 

また、長さを整える場合には、はさみではなく、ヒートカッターを使うと、切り口を焼くため、毛先が丸くなって太くみせることもなく、事前な毛先になります。

 

なお、電気シェーバーを使うときは濡れた肌で使うと肌を傷める可能性があるため、乾いた肌の時に使うようにしましょう。